軍事と科学の急接近?: 日本学術会議 サイエンスカフェに参加して

投稿日:

(DR) 日本学術会議はどうでしたか?

(阿久津) 昨日のサイエンスカフェというイベントで行ってきました。 千代田線の乃木坂駅5番出口を出て雨に濡れる間もなくすぐ左手の立派な建物でしたよ。初めて行きましたけど、18時をちょっとすぎたくらいで結構閑散としていて、いい場所だけにちょっともったいない感じでしたね。

(DR) テーマは「軍事と科学の急接近について考える」だったとか。

(竹本) 名古屋大学名誉教授の池内了先生から「軍学共同を考える」というタイトルでまず公演されて、その後、質問タイム。全部で90分くらいでしたね。

(申彦) ちょっと残念だったのは、なんで急接近しているのか? そのあたりの事情というか、ウラについても聞けるのかなと思ったのですが、そういうお話はなかったですね。急接近しているというのは、防衛省の研究助成費が6億円から110億円に急増したってことをとらえてなんですけど。

(阿久津) JASONについてですとか、池内先生のレクチャーはとても勉強になったけどね。

(竹本) JASONというのは1960年頃に創設された、ベトナム戦争やSDI構想、イラク戦争などに戦略、戦術を提言してきた高名な科学者のグループということなんだけど、これをひとつのモデルとして、科学者と軍事研究について考えましょうっていう感だったな。

(申彦) 池内先生は軍事研究をするにも透明性が大事だということをおっしゃられていたけど、公開された研究は真の軍事研究とは言えないということもあるし、なかなかむつかしいですよね。

(竹本) シークレットの中でもUFO、宇宙人情報はさらに上の方になるわけだけど、JASONの中にもE・テラーみたいに宇宙人と関わった科学者もいるから、そういう科学者たちの具体的な政策的参画を聴けたっていうのは大変、面白かったですね。

-科学・超科学

Copyright© UFO研究家 竹本良 公式ブログサイト / まあじなる・ぼっくす ~ 科学と超科学の界面 , 2017 AllRights Reserved.